キャットフードの種類 > 年齢別のキャットフード

猫の年齢に合わせたキャットフードを与えよう


ライフステージに合わせたキャットフード

キャットフードは「子猫(キトン)用」「成猫用」「高齢猫用」と年齢によって製品が分かれています。
これは人間でも赤ちゃんと成人では必要な栄養素が違うように、猫も年齢によって必要とされている栄養素などが違うためです。このため猫の成長に合わせて、その時に必要とされる栄養がバランス良く配合されているフードを与えることが大切です。

 

子猫用のフード

子猫用フードは、主に生後4ヶ月~1歳の子供猫用に配合されたキャットフードを言います。
子猫は離乳後一歳位までは急速な成長をするのでめ、成猫と比べ多くの栄養を必要とします。特に骨の形成に重要なカルシウムやビタミンD3、必須栄養素のタウリンなど成猫とは必要な栄養素が異なります。
この時期に必要な栄養を十分に取ることが出来ないと、その後の成長に影響を与えないとも限りません。成猫用のフードを与えることは避けて子猫専用のフードを与えて下さい。


子猫用フードの特徴
 ・高タンパク
 ・高脂肪
 ・高カロリー
 ・DHCなどの母乳成分

 

成猫用のフード

成猫用フードは、主に1歳~9歳位までの成猫用に配合されたキャットフードを言います。
成猫になると活動範囲が広がり活発になるので、十分な栄養とカロリーを取ることが必要です。
しかし室内飼いの猫は運動量が少ないので、肥満に注意しなければなりません。またこの頃から猫下部尿路(F.L.U.T.)に罹ってしまう猫もいるため、マグネシウム量を抑えた健康管理フードもあります。


 成猫用フードの特徴
・肥満に配慮
・尿路の健康に配慮
・健康な皮膚と毛艶の維持

 

高齢猫用のフード

高齢猫用フードは、主に9歳以上のシニア猫用に配合されたキャットフードを言います。
最近の高年齢化に伴って、さらに高齢の猫用(15歳以上)のフードを用意しているメーカーもあります。
この頃になると運動量も低下してくるので、必要なカロリーも減ってきます。また食欲が落ちてくるので少量でも栄養やカロリーが取れるようにしたり、食べやすい大きさや硬さに調整してあるフードを選ぶのも良いでしょう。


 高齢猫用フードの特徴
・消化吸収
・尿路の健康に配慮
・内臓に負担を掛けない
・食べやすい 柔らかい

 


同ジャンル関連ページ