安くて安全!おすすめのキャットフード

キャットフードの添加物-保存料

キャットフードの保存料

 保存料とはキャットフードが開封後も一定期間、痛んだり腐ったりすることの無いように添加されている物質です。
保存料は大きく分けて、キャットフードを細菌による腐敗から守るための「防腐剤」と、脂肪分の酸化による劣化を防ぐための「酸化防止剤」に分けることが出来ます。

 

防腐剤の種類

Meat and syringe researcher injecting GMO
 防腐剤とは、キャットフードが「細菌や微生物により腐敗してしまうことを防ぐための薬剤」です。
主な防腐剤には「亜硝酸ナトリウム」や「安息香酸塩」などがありますが、このうち「亜硝酸ナトリウム」は防腐剤として用いられる他、発色剤としても使われています。
この「亜硝酸ナトリウム」は発がん性が疑われています。愛猫の健康のためには「亜硝酸ナトリウム」が添加されていないキャットフードを選ぶようにしましょう。

 

酸化防止剤の種類

 酸化防止剤とは「食品の酸化による変質を防止するための薬剤」です。
このうち危険性が指摘されているのは、「合成保存料」とも呼ばれている化学合成の酸化防止剤です。
 
これらには三大添加物とも呼ばれている
 ・BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)
 ・BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
 ・エトキシキン
などがあります。
 
これらはいずれも強い毒性が指摘されており、なかでも「BHA」や「エトキシキン」は発がん性を疑われていて、ヨーロッパなどでは人間への使用が禁止されています。
 
一方「アスコルビン酸」や「ミックストコフェノール」といった天然型と言われている酸化防止剤を使用しているメーカーは多くあります。

 

保存料の功罪

 私達が比較的安価に保存期間の長いキャットフード入手できるのは、これらの保存料が添加されているからだと言えます。

ご存知のようにドライフードの主原料はチキンやターキーなどの肉類、サーモンなどの魚類で、これらのタンパク質は腐敗しやすく、また含まれている油脂分も時間の経過と共に酸化していってしまうため、このままでは長期保存は出来ません。
また酸化したキャットフードや、カビが生えたり腐りかけたキャットフードを愛猫に食べさせるのはかえって危険に思います。
 
 不要な添加剤は使用しない方が良いのは当たり前ですが、全ての添加剤が悪いわけではありません。発がん性や成長阻害要因を持つ危険な物質をしっかり見極めて、避けることが飼い主の責任ではないかと考えます。