安くて安全!おすすめのキャットフード

猫に必要な栄養分とは

猫は肉食動物

know05
 動物が健康に体を維持していくために必要な栄養素は、「タンパク質」「脂質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」の5つです。
特に本来肉食動物である猫は、高タンパク・高脂肪を必要としています。

 

タンパク質

 タンパク質は、体の臓器や筋肉など構成している基本の栄養素です。またこのタンパク質は約20種類のアミノ酸で構成されています。
猫に必要なタンパク質の量は、体重1Kgに対して7.0gと人間の必要量1.2gのおよそ6倍となります。

 

必須アミノ酸

 タンパク質を構成するアミノ酸の中には、体内で生成することが出来ないものがあります。これらのアミノ酸は外部から取り入れる必要があり「必須アミノ酸」と呼ばれています。
本来肉食動物である猫は、動物性タンパク質である新鮮な肉(特に心臓や肝臓など)から必須アミノ酸を摂取していました。
 
この必須アミノ酸のうち、猫にとって特に大切なのは「タウリン」と「アルギニン」です。

 

タウリン

 タウリンは猫にとって最も必要な必須アミノ酸です。
タウリンが不足すると発育障害をおこす場合があります。またタウリンの欠乏によって生じる網膜変性によって失明したり、拡張型心筋症を起こし死に至ることがあります。
 
市販のキャットフードにはタウリンが必要量含まれていますが、手作りのご飯を食べさせている場合には、タウリンが不足しないよう十分な注意が必要です。

 

アルギニン

 アルギニンも猫にとって重要な必須アミノ酸の一つです。
アルギニンは、アミノ酸を分解する際に生じる有害なアンモニアを尿素に変換し、尿を作り出すために重要な働きをします。
このためアルギニンが不足すると、尿毒症を起こし死に至る場合もあります。