おすすめ記事

1

「モグニャンキャットフード」よくあちこちのサイトで評判を見かけますよね。私もモグニャンの評判を聞いて、我が家の猫に食べさせようと思い気になった原材料や成分表を調べてみました。結論から言うとモグニャンはとても安全性が高いキャットフードでした。

2

通販で販売されている高品質のキャットフードには子猫用のフードがないことが多いようです。モグニャンキャットフードは全年齢に対応したキャットフードなので、子猫にも安心して与えることが出来ます。

3

カナガンキャットフードは、お肉・お魚をたっぷり含んだ、グレインフリー(穀物不使用)、香料・着色料不使用のキャットフードです。猫ちゃんが大好きなお肉・お魚をたっぷりと使っているから食いつきが違います!

4

愛猫に安心して食べさせられる高品質で食い付きが良いと評判なカナガンキャットフードですが、子猫に与えても大丈夫?って心配になりますよね。結論から言うと、カナガンキャットフードは全年齢に対応したキャットフードなので、子猫にも安心して与えることが出来ます。

5

カナガンデンタルキャットフードは、プレミアムフードの「カナガン」とヘルスケアサプリ「プロデン・プラークオフ®」がコラボした商品です。カナガンデンタルキャットフードは歯石・プラークに関する特許取得成分を配合、毎日食べるだけで天然の海藻成分が愛猫の口内環境をサポートします。

モグニャンキャットフードを実際に購入してみました

モグニャンキャットフードを購入して我が家の愛猫リンに食べてもらいました。我が家のリンは野良出身だけあって食べ物には慎重で、新しいフードを試食させると匂いを嗅ぐことはあってもなかなか口を付けないのですが・・モグニャンを試しに手に取ってあげてみると、クンクンとしばらく匂いを嗅いだ後パクリと食べました。

モグニャンは腎臓病の猫に与えてはダメ!でも腎臓病の予防になる?

モグニャンは腎臓病の療養食ではないので腎臓病の猫には与えたらダメです。モグニャンは健康な猫の総合栄養食として腎臓病の予防が期待できるシニア猫にも優しいキャットフードです。

チキンとサーモン 2つのカナガンキャットフード

カナガンキャットフードは、お肉・お魚をたっぷり含んだ、グレインフリー(穀物不使用)、香料・着色料不使用のキャットフードです。猫ちゃんが大好きなお肉・お魚をたっぷりと使っているから食いつきが違います!

【食べるだけでデンタルケア】カナガンデンタルキャットフード

カナガンデンタルキャットフードは、プレミアムフードの「カナガン」とヘルスケアサプリ「プロデン・プラークオフ®」がコラボした商品です。カナガンデンタルキャットフードは歯石・プラークに関する特許取得成分を配合、毎日食べるだけで天然の海藻成分が愛猫の口内環境をサポートします。

モンプチナチュラルグレインフリーは安くて高品質でおすすめ!

モンプチシリーズは比較的リーズナブルな価格帯で、近所のホームセンターやスーパーでも手頃な価格で販売していて手に入りやすいのキャットフードです。このモンプチナチュラルシリーズに待望の「グレインフリー」が登場しました。

カナガンデンタルキャットフードを避けた方がいい猫は

カナガンデンタルキャットフードには海藻成分が含まれているので、甲状疾患のある猫、妊娠中・授乳中の猫、性腎臓病の猫やシニア猫には与えないなど注意が必要です。

【最新版】カナガンキャットフードのお試しやサンプルはある?

カナガンキャットフードにはお試しサンプルはある? カナガンキャットフードは、着色料・香料不使用、グレインフリー(穀物不使用)のプレミアムキャットフードです。 「カナガンを一度試してみたい、サンプルはあ ...

もっと見る

ピュリナワン グレインフリー

ピュリナワンからグレインフリーキャットフードが発売されました。
気になる主原料はチキンと白身魚の2種類があり、味の好みやカロリーで選ぶことが出来ます。

カナガンキャットフード

カナガンキャットフードは新鮮なイギリス産のチキンを60%以上使用している、高タンパク・低炭水化物で美味しさと栄養バランスに優れた、子猫からシニア猫まで全ライフステージに対応しているイギリス産の高級グレインフリー (穀物不使用) キャットフードです。

モンプチナチュラル グレインフリー

モンプチナチュラル グレインフリーは、合成保存料・合成着色料・香料不使用の高品質なキャットフードにもかかわらず、価格帯が比較的安いので手軽に試すことが出来ます。

セレクトバランス

セレクトバランスは株式会社 ベッツ・チョイス・ジャパンが販売するキャットフードです。アメリカ生まれのキャットフードですが、油分の調整など日本で暮らす猫に合わせて仕上げてあります。

ファインペッツ

ファインペッツキャットフードは、猫が本当に必要としている栄養は、給餌量を調節することですべての猫種、猫齢に合うというコンセプトにより作られた無添加のキャットフードです。

ロイヤルカナン

ロイヤルカナン-はフランス原産のキャットフードです。ロイヤルカナンにはライフステージ毎のフードや特定猫種用のフードに加え、食事療法食として様々な健康管理用のキャットフードがあります。

ファーストチョイス

ファーストチョイスはカナダ生まれのプレミアム健康管理フードです。海外製品をそのまま輸入したものと異なり、環境やコンディションの違う日本の愛猫のために、栄養バランスを最適に調整した管理人お勧めのキャットフードです。

もっと見る

ミネラルは微量でも猫には大切な栄養素

ミネラルは五大栄養素の1つで、人間や猫を始め生物にとって体液のバランスを保ち、神経や筋肉を活発にするために欠くことが出来ない微量栄養素です。猫にとってミネラルの必要量はどれもごく微量ですが、ミネラルはその他の栄養素と密接な関係があり、特にビタミンとバランスが取れていることが重要になります。

美味しそうな色のキャットフード!猫はどのように見えている

着色料を含まないキャットフードは、様々な原材料が混ざり合った結果、灰色や茶色などの暗い色になってしまいます。キャットフードに美味しそうに見える色が付いているのは、猫のためではなく飼い主が美味しそうに思って買ってくれるためにあるのです。

猫には必要不可欠なたんぱく質の役割や種類と必要量

  たんぱく質 たんぱく質は約20種類のアミノ酸が鎖状に多数連結してできた高分子化合物で、炭水化物、脂質と合わせて三大栄養素と呼ばれ、動物が生きていく上で必要なものです。 たんぱく質は筋肉や ...

猫に炭水化物は必要?

炭水化物は人間にとって主要なエネルギー源となっていますが、本来肉食動物の猫はタンパク質と脂肪を主要エネルギー源としているので、炭水化物はさほど重要な栄養素ではありません。しかし、動物性食品だけではビタミンやミネラルなどが偏ってしまうため、栄養バランスがくずれてしまうことがあります。

無添加のキャットフードは本当に安心なのでしょうか?

キャットフードには、肉や魚などの主原料の他に色々な添加物が入っています。添加物には栄養を考えて添加されているもの、品質を保つために添加されているもの、見た目や風味をよくするために添加されているものなどがあります。

キャットフードの酸化防止剤は危険?

保存料とはキャットフードが開封後も一定期間、痛んだり腐ったりすることの無いように添加されている物質で防腐剤と酸化防止剤があります。

猫が体内で作れない必須アミノ酸の種類とサプリメント

猫が必要とする20種類のアミノ酸のうち、体内で合成できるのは9種類だけです。残りの11種類のアミノ酸は猫の体内で合成できない、または十分な量を作ることが出来ないので食事から取る必要があります。これを必須アミノ酸といいます。

もっと見る

猫の飲み水はどんな水を与えればよいの?おすすめの水飲み器は?

猫が1日に必要な水分量は、食事に含まれる水分量も合わせて体重1Kgあたり30~50mlといわれています。猫に与える水は基本的にはきれいな水道水であれば問題ありません。

プロデン・プラークオフ®

プロデン・プラークオフ®は天然の海藻アスコフィラムノドサムから抽出した特許を取得した天然由来の口腔ケア成分です。毎日食べることで歯周病予防や口腔衛生管理ができるので猫ちゃんの口の中を健康に保つことが出来ます。

もっと見る