本気でおすすめする安全安心なキャットフード
本気でおすすめする安全安心なキャットフード > おすすめのキャットフード > カナガンデンタル > カナガンデンタルキャットフードを避けた方がいい猫は

残念だけどやめた方が無難なねこちゃんは・・

カナガンデンタルキャットフードとは

カナガンデンタルキャットフードは食べるだけでお口のケアが出来る、グレインフリーで着色料・香料不使用のプレミアムキャットフードです。

 

しかしお口ケア成分には海藻成分が含まれているので、公式サイトにも「甲状疾患の愛猫、妊娠中・授乳中の愛猫にはご使用をお控え下さい」との記述があります。

 

カナガンデンタルキャットフード

 

カナガンデンタルキャットフードを控えた方がいい猫ちゃん

甲状腺疾患の猫

 

カナガンデンタルキャットフードに含まれているデンタルケア成分「プロデン・プラークオフ®」は天然の海藻「アスコフィラムノドサム」から抽出した成分です。

 

「プロデン・プラークオフ®」の成分にはヨウ素が含まれているので、甲状腺に疾患がある猫はヨウ素を取り過ぎると、甲状腺機能低下症を起こす可能性があります。

 

このため甲状腺に何らかの問題がある猫ちゃんは「カナガンデンタルキャットフード」を与えないようにしましょう。

 

妊娠中・授乳中の猫

 

妊娠中の猫や子猫に授乳中の猫がヨウ素を過剰に摂取すると、母子ともに甲状腺機能異常の原因になるおそれがあります。

 

このため妊娠中の猫ちゃんや授乳中の猫ちゃんは「カナガンデンタルキャットフード」を与えないようにしましょう。

 

慢性腎臓病の猫

CREATOR: gd-jpeg v1.0 (using IJG JPEG v62), quality = 100

 

カナガンデンタルキャットフードはタンパク質が33%以上含まれています。

 

慢性腎臓病を患っていたり、腎臓が弱っている猫に多量のたんぱく質を与えると、腎臓の負担を増やしてしまいます。

 

このため慢性腎臓病と診断されている猫ちゃんには「カナガンデンタルキャットフード」を与えないようにしましょう。

 

また慢性腎臓病と診断されたら獣医師の指導で療法食のを食べさせるようにしましょう。

 

 

Writer:K.K