猫に炭水化物は必要?

 

猫と炭水化物

炭水化物は米や小麦などの穀類に多く含まれる栄養素で、繊維質と糖質から構成されています。

炭水化物は人間にとって主要なエネルギー源となっていますが、本来肉食動物の猫はタンパク質と脂肪を主要エネルギー源としているので、炭水化物はさほど重要な栄養素ではありません。

しかし、動物性食品だけではビタミンやミネラルなどが偏ってしまうため、栄養バランスがくずれてしまうことがあります。

また猫は毛繕いで毛玉を飲み込みやすく、腸の機能にも負担がかかるため毛玉ケアとして穀物類を混ぜている場合もあります。

 

猫に炭水化物は必要か

自然で暮らしている猫はネズミなどの小動物を補食します。この時たいていは頭から尾まで丸ごと食べるのですが、これら小動物の体内の未消化の穀物も猫の体内に取り込まれます。

このため必要な栄養素も同時に取り込めるのですが、室内飼いの猫はそういった訳にもいきません。

このためある程度の穀物類の摂取は必要だと考えられています。

 

キャットフードと炭水化物

比較的値段の安いキャットフード(ドライフード)には、米や麦、トウモロコシや豆などの穀類が配合されています。

これは必要な栄養分を取るといった理由の他に、製造コストを考えてかさ増しをすることも考えられている場合もあります。

どちらにせよ猫にとってそれほど重要では無い原料であることは間違いないので、不必要に多くの穀物が配合されているキャットフードは避けた方が良いと考えます。

 

グレインフリーキャットフードは必要?

よく耳にする「グレインフリーキャットフード」とは、穀物(grain)を使わないで作られた穀物不使用のキャットフードです。

猫は糖質の消化吸収が不得意です。しかし全く出来ないわけではありませんし、水を加えて加熱した穀物であれば十分に消化することができます。
また穀物から得られる糖質も不要な物ではありません。

 

逆にグレインフリーキャットフードは穀物アレルギーの症状がある猫の場合以外はそれほど必要だとは思っていません。

むしろグレインフリーのキャットフードには高タンパクのフードも多いので、高齢猫には肝臓や腎臓の負担が増すので注意が必要です。

 

Writer:K.K

-キャットフードの知識