猫に必要な栄養分-脂質


脂質

脂質は猫が活発に活動する上で必要なエネルギー源です。
体外から脂質を摂取すると、脳や筋肉に取り込まれてエネルギー源として活動に使われます。また余った脂質は脂肪として蓄えられ、空腹時など必要な時に分解して消費されます。

 

脂質をあまり余分に与えてしまうと肥満の原因になります。また反対に少なすぎると毛艶が悪くなったり、繁殖機能の低下といった影響があります。

 

猫に必要な脂質

脂質には猫が活動する上でのエネルギー源の他に、
 ・必須脂肪酸や脂溶性ビタミンの供給
 ・細胞膜や血液成分などの構成成分
 ・体温保持や臓器保護
 ・毛艶の維持
といった大切な役割があります。

 

猫の必須脂肪酸

脂質は多くの脂肪酸が組み合わさってできていますが、この中には重要な成分も多くあります。
このうち「リノール酸」、「α-リノレン酸」や「アラキドン酸」は「必須脂肪酸」と呼ばれ、体内では作ることが出来ないため食事から摂る必要があります。

 

リノール酸

リノール酸は、オメガ-6脂肪酸を代表する必須脂肪酸で植物油に多く含まれています。 皮膚からの水分喪失を防ぐなど、皮膚のバリア機能に欠かせない成分です。

 

α-リノレン酸

α-リノレン酸はオメガ-3脂肪酸のDHAやEPAを生産する原料になります。

 

アラキドン酸

アラキドン酸は、主に肉やレバー、魚などの動物性脂肪の中に多く含まれています。 アラキド酸が不足すると、繁殖機能の低下や毛艶が悪くなるといった影響が現れます。
この「アラキドン酸」は動物性脂肪の中にしか含まれていません。

 

脂肪の取りすぎと肥満

外飼いの猫と違い室内飼いの猫は運動不足になりがちです。このためどうしても肥満になりやすいのですが、ダイエット中と言えども脂質が不足してくると体調を崩したりして、かえって健康に良くありません。

 


愛猫の体形が気になったり肥満かな?と感じたときは、単純に食事の量を減らすのではなく、ダイエット用のキャットフードを使うようにして下さい。

 


同ジャンル関連ページ