本気でおすすめする安全安心なキャットフード

カルシウムとリンのバランスに注意

 

微量でも重要なミネラル

ミネラルは五大栄養素の1つで、人間や猫を始め生物にとって体液のバランスを保ち、神経や筋肉を活発にするために欠くことが出来ない微量栄養素です。

 

猫にとってミネラルの必要量はどれもごく微量ですが、ミネラルはその他の栄養素と密接な関係があり、特にビタミンとバランスが取れていることが重要になります。

 

猫とミネラル

猫に必要なミネラルは多々ありますが、特に「ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛」などが重要です。

 

カルシウムとリン

「カルシウム」と「リン」は骨や歯の発達に不可欠なミネラルです。

 

これらは結合して「リン酸カルシウム」となるため、どちらかが不足してもダメで、カルシウムとリンは1.2~1.5倍の比率で摂る必要があります。

 

マグネシウム

「マグネシウム」も「カルシウム」と結合して骨や歯を作る働きをします。「マグネシウム」の不足は筋肉を弱くしたり痙攣を起こすなどの症状があります。

 

一方過剰に「マグネシウム」を摂取すると「F.L.U.T.D.」と呼ばれる「下部尿路疾患」を引き起こします。

 

このうち多くの猫を悩ませるのが「尿路結石」ですが、「尿路結石」の約9割がマグネシウムを成分とする結石です。

 

特に雄猫の尿道は細くて長いため詰まりやすく、「マグネシウム」の過剰摂取には注意が必要です。

 

ネラルウォーターって猫に飲ませてもいいの?

「水道水は塩素分があるからイヤだ」、「美味しい水をあげたい」、「ミネラルは体に良い」からといって、愛猫に人間用のミネラルウォーターを与えるのは危険です。

 

ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムの含有量によって硬水と軟水に分けられていて、硬度120mg以上を硬水と言います。

 

硬水には、猫がなりやすい病気のひとつ尿路結石の原因となるマグネシウムなどが多く含まれています。
このため尿路結石を患っている猫はもちろん、泌尿器疾患を予防するためにも硬水のミネラルウォーターをあたえないようにしましょう。

 

またどうしても美味しい水を飲ませたい場合は、「ペット用のミネラルウォーター」を選んで与えるようにしましょう。

 

Writer:K.K